加齢で胸が萎む?切開しない豊胸手術でバストアップ

加齢に伴うバストの悩み

シワやシミなどのエイジングサインが増えて老け顔に見えてしまう、代謝が低下して太りやすく痩せにくい体質になってしまう、白髪が増えて薄毛が目立ち見た目年齢が一気に押し上げられるなど、加齢に伴う悩みはたくさんありますが、バストのボリュームダウンもその一つです。年齢が進むにつれてクーパー靭帯が伸びる、胸の周辺の筋肉量が減ってその上に存在している脂肪や皮膚を支えられなくなる、コラーゲンが減少してハリ感や弾力が失われるなどの原因で、バストが垂れ下がりボリュームが無くなります。年齢を感じさせない美しさを保ちたいなら、顔のエイジングケアだけではなくバストのエイジングケアも必要です。

豊胸手術で物理的にバストアップさせる

プエラリアミリフィカ配合のサプリメントを飲んでインナーケアをしたり、バストアップクリームを塗ってマッサージをしたりなど、バストを若返らせるための方法には様々なものがありますが、最も効率的で効果を実感しやすいものと言えば豊胸手術です。物理的にバストアップさせることが可能で、即効性が得られすぐに理想のバストになれるというのが最大のメリットです。

切開しない豊胸手術なら手軽で傷跡も残らない

一昔前は胸を切開してシリコンバッグを挿入するという外科的治療が主流でしたが、今は違います。今のトレンドは、脂肪やヒアルロン酸を注射器でバストに注入する切開しない豊胸手術です。脂肪注入は自分の脂肪を吸引して注入するので、痩身とバストアップが両方叶うという利点があります。ヒアルロン酸注入は、手軽で費用が比較的安いというのが魅力です。切開しないのでバストに傷が残る心配がありませんし、違和感やわざとらしさが生じることなく自然にバストを理想の形と大きさに整えることが出来ます。

豊胸手術を受けることでバストのサイズアップはもちろん、垂れたバストを上向きにしたり離れたバストに谷間を作るなど理想のバストを作れます。

Related Posts

小陰唇縮小の手術方法とメリットを紹介します

膣縮小施術って何のために受けるの?複数ある方法との特徴も解説

積極的にバストアップする方法!豊胸手術の種類は?