膣縮小施術って何のために受けるの?複数ある方法との特徴も解説


緩んでしまった膣に締め付けを与えるために

膣は出産によって大きく広げられたり、加齢によって組織が劣化するなどで緩んでしまうことがあります。そうすると性交渉の際に十分な締め付けを実現することが難しくなるので、パートナーを満足させられないという状況になりかねません。そしてトレーニングなどで締め付けを取り戻すのはとても難しいです。そんな時に受けるのが膣縮小施術で、複数の種類に分かれています。

比較的手軽に受けられるレーザー施術

複数ある膣縮小施術の中で、比較的簡単に受けられるのはレーザー機器を使用した方法です。挿入した器具から超音波が発せられて、それが膣を形成しているコラーゲンなどの組織生成を促します。ただ挿入して機械を動かすだけなので、身体へのダメージが少なく済みます。多くの場合で痛みを感じることもないため、麻酔を使用しないのも大きなメリットです。施術時間も大抵は1時間以内なので、日常生活への支障も出にくいでしょう。

半永久的な効果が期待できる手術

レーザーを使用した膣縮小施術では、効果が実感できるまでにある程度の期間を設ける必要があります。そのためすぐに膣縮小したいのであれば、手術を選択すると良いでしょう。緩んでしまった膣の一部を取り除くため、確実性が高いです。手術の効果は半永久的に続くため、出産によって改めて緩む予定がない場合に向いています。

ヒアルロン酸を注入する方法もある

手術とは別に早く効果を出せる方法としては、ヒアルロン酸を注入するものもあります。周囲に組織になるものを注入して、外側からの圧力によって膣縮小を実現する形です。ヒアルロン酸は時間の経過と共に体内に吸収されるため、定期的に受けられる人に適した方法です。

加齢や出産などによる原因で、膣口や膣内が緩んでしまった状態を手術により収縮、縮小した状態にすることを膣縮小と言います。

Related Posts

小陰唇縮小の手術方法とメリットを紹介します

加齢で胸が萎む?切開しない豊胸手術でバストアップ

積極的にバストアップする方法!豊胸手術の種類は?