小陰唇縮小の手術方法とメリットを紹介します

小陰唇が女性の悩みの原因になることもある

小陰唇とは女性器の大陰唇の内側にあるヒダ状になっているものをいいます。小陰唇の形やサイズは人それぞれです。他の人よりも大きい場合や左右で形が違っている場合もありますが、それが女性にとって大きな悩みの原因になることもあります。どうしても気になる人は小陰唇縮小の手術を受けてみることをおすすめします。

小陰唇手術のメリット

小陰唇縮小の手術を受けることでいろいろなメリットがあります。1つは痛みがなくなることです。小陰唇が人よりも大きいと下着がずれたときに擦れてしまって痛みを感じることがあります。縮小されると擦れることがなくなり、必然的に痛みもありません。また、汚れをきちんと洗い落とすことができるようになることも大きなメリットでしょう。お風呂やシャワーですすいでも小陰唇が大きいと完全に汚れを洗い落とすことが難しいです。ときには汚れがそのまま残って臭いの原因になることあるので、小陰唇縮小手術で常に清潔な状態に維持できます。もちろん、見栄えが良くなることは言うまでもありません。

小陰唇縮小の手術方法を知る

小陰唇縮小の手術は基本的に切除のみです。まず手術する前にあらかじめ女性器周りの毛を剃っておきます。病院ではオペ室に行って局所麻酔を行います。その後に、メスを用いて小陰唇の余分な部分を切除していくのが一般的な手術の流れです。麻酔をしているので痛みを感じることはないです。切除が終われば縫合して手術は終わりになります。小陰唇縮小の手術時間はおよそ30分前後です。人によっては手術してから出血することもありますが、1週間程度で収まります。

小陰唇縮小は、即効性が期待できる外科手術や、身体に負担が少ないレーザー施術など複数の方法があります。

Related Posts

膣縮小施術って何のために受けるの?複数ある方法との特徴も解説

加齢で胸が萎む?切開しない豊胸手術でバストアップ

積極的にバストアップする方法!豊胸手術の種類は?