これからボトックス注射を打つならば知っておきたい二つのこと


筋肉を縮小させる効果が期待できる

美容整形などでは、ボトックス注射が流行しています。比較的簡単に美容整形することができるため、若い人の間では人気です。ボトックス注射をすることで筋肉を縮小させることができます。結果的に、顔を一まわり小さくすることが可能でしょう。なぜなら、エラの部分に注射を打てばエラの筋肉が縮小し正面から見た場合顔が小さく見えるからです。もう一つは、眉間や額などにあるシワをなくすことが可能になります。眉間などのシワは表情筋と呼ばれる筋肉が縮小することで表れます。つまり、この部分の筋肉の働きを弱めてしまえばそもそもシワができにくくなります。ほうれい線などにも効果があるのではないかと期待する人もいますが、あまり効果は見受けられません。なぜなら、ほうれい線の場合は表情筋によってできるシワではないからです。

効果の持続期間は6か月ほど

ボトックス注射をする場合には、一体どれぐらいの期間その効果が持続するのか知っておきたいところでしょう。結論から言えば、効果が持続する期間は6か月ほどになります。つまり、注射を打ってから6か月間は特にメンテナンスをしなくても問題なく効果が持続するわけです。もちろん人によってその効果の持続期間は変わってくるところでしょう。もし、一定の期間が経過した場合には、効果が弱くなるため元の状態に戻りやすくなります。この場合には、再びボトックス注射を打つ必要があるでしょう。何度も注射を打つうちに、筋肉の働きが長期間弱くなるため最終的に効果が持続しやすくなります。

おでこや眉間、目尻にくっきり入った表情じわを改善したいなら、筋肉の動きを抑制するボトックスというプチ整形が有効です。

Related Posts

鼻を美しく見せるための美容整形3選を紹介

興味のある方必見!VIO脱毛による様々なメリット

差し歯を入れるのに必須だが抜歯よりも恐怖を感じるかもしれない