AGAって一体何?原因や対処方法について解説します


そもそもAGAって一体何か

男性であればAGAについて関心を持つ人が少なくありません。AGAとは男性型脱毛症の英語の略称であり、男性ホルモンと遺伝が関係している症状のことを指します。男性ホルモンが大きく影響していることから、20~40歳代の若い世代で多いといわれています。さらに遺伝が関係しているため、父親がAGAであればその子供にも遺伝する可能性があります。

ところでAGAは進行型の脱毛症ですが、それに関しては大きなパターンがあります。具体的には、前頭部の髪の生え際がM字型に薄くなってくるパターンと、頭頂部が薄くなっていくO字型パターンです。また人によってはM字型とO字型が両方進行するパターンもあります。髪の毛が薄くなっていく様子が目に見えて分かるため、もしかしてAGAではないかと疑って治療を受ける人が多いです。

AGAの対処方法について

AGAの患者は少なくありませんが、果たして治るのかと疑問に感じる人がとても多いです。街中にはAGA治療を専門とするクリニックが増えていますが、そこで行われている治療は、これ以上薄毛が進行することを抑えることを目的としています。基本的に脱毛で毛根が抜けてしまえば、再び生えることはありません。だから、脱毛が進行しないように薬を使って治療することがメインとなります。

AGAで使われる薬にはいくつかの種類がありますが、その多くは男性ホルモンの生成を抑えるものです。具体的にいえば、テストステロンからジヒドロテストステロンに変換されるのを阻害する働きをもつ薬剤です。男性ホルモンを抑えて抜け毛の進行を抑えたり、毛髪の成長期を延ばして細くなった毛髪を元気にさせたりします。

横浜は東京都内への通勤圏内にあります。そのことから、仕事帰りにagaを横浜の病院で治療したいという患者が少なくないです。

Related Posts

うつ病患者の治療で効果的なコミュニケーション術

鼻を美しく見せるための美容整形3選を紹介

興味のある方必見!VIO脱毛による様々なメリット