積極的にバストアップする方法!豊胸手術の種類は?


豊胸手術の目的やメリットとは?

豊胸手術は、バストのサイズをアップするだけではありません。バストの形を美しくしたり、自然なやわらかさを出したりと目的は様々です。バストサイズが小さいことをコンプレックスに感じている女性は多くいます。また大きさ以外にもバストの悩みは人それぞれで、左右の形が違う、バストが垂れている、左右のバストが離れているなどです。バストの悩みは、ごくプライベートな悩みのため他人に相談しにくいケースが多いです。豊胸手術は美容整形の技術によってアプローチし、理想のバストを手に入れることができます。

豊胸手術のメリットは、なりたいバストを目指せることです。ダイレクトに効果を実感しやすいのも利点になります。豊胸手術は種類が豊富で、自分の希望や予算に合わせて選ぶことができます。

豊胸手術の種類について

豊胸手術の種類は、大きく分けてシリコンバッグ・ヒアルロン酸・脂肪注入の3つです。シリコンバッグ豊胸手術は、シリコンバッグをバストに充填します。バストサイズを大きくしたい人に最適な方法です。ヒアルロン酸豊胸は、バストにヒアルロン酸を注入します。注射で注入し、メスを使用しないのがメリットです。切開しないため施術にかかる時間が約15分~30分と短く、体への負担が少ないため人気を集めています。ヒアルロン酸を注入後、そのまま帰宅することが可能です。見た目や触り心地の仕上がりが自然なのが脂肪注入豊胸で、バストに傷跡が残りません。自分の脂肪細胞を太ももやお腹から採取し、バストに注入します。

豊胸には、手法や胸の中に入れる素材が様々ですが、その中でもヒアルロン酸注入法は、半永久とはいきませんが形も自然でやわらかさも本物と変わりません。

Related Posts

小陰唇縮小の手術方法とメリットを紹介します

膣縮小施術って何のために受けるの?複数ある方法との特徴も解説

加齢で胸が萎む?切開しない豊胸手術でバストアップ